外反母趾とは、足の親指が外側(小指側)に

外反母趾とは、足の親指が外側(小指側)に

外反母趾とは、足の親指が外側(小指側)に曲がる病気のことです。親指の曲がりが酷いと、足が痛くて歩けなくなります。普通の靴を履くのも困難になります。更に、無理な歩き方を続けると、脚が疲れやすく、膝や股関節にも負担がかかります。ハイヒールやパンプスをはじめとする先細の靴が、外反母趾の主な原因と言われています。

対策ですが、主なものは2つです。
一つは、履く靴の改善です。専門知識のある社員が居る靴屋へ行き、自分の足に最適な靴を選んでもらいましょう。オーダーメイドがベストです。
もう一つは、歩き方の改善です。日常の歩き方を改善し、足への力を正しく伝える事が、外反母趾の予防・対策となります。

外反母趾

関連記事

  1. 年をとってから自律神経がおかしくなったのか?

  2. 排便障害や歩行障害を引き起こす頸椎症とは?

  3. 肩の筋がおかしい

  4. 腰の痛みの対策トレーニングは?

  5. 目の疲れを癒すつぼとは

  6. 肩から背中にかけて常に少なからず痛みが生じる