腰椎すべり症には腰痛などの症状があらわれます

腰椎すべり症には腰痛などの症状があらわれます

腰の骨である腰椎がすべっている状態を腰椎すべり症といいます。

腰椎すべり症の症状としては腰痛や下股痛をはじめ、長時間歩こうとすると足に痛みや違和感を感じる間歇性跛行や残尿感や頻尿などが起こる膀胱直腸障害などが挙げられます。

腰椎すべり症になってしまう原因としては、スポーツで体を酷使することで腰の骨に負担をかけてしまうことや、生まれつき(先天性)や成長過程で発症するもの(発育性)や、悪性腫瘍など他の病気が原因になるなど様々です。

関連記事

  1. 肩の筋がおかしい

  2. 体重の管理

  3. 腰の痛みの対策トレーニングは?

  4. 肩から背中にかけて常に少なからず痛みが生じる

  5. 最近は首の一番上あたりが段々と痛んできています

  6. 外反母趾とは、足の親指が外側(小指側)に